記事一覧

989: the Middle Ages

みなさま こんにちは。

ぼく、スラッカーです。









ぼく、じぶんのふしぎな過去をしりました。

ぼく、『中世』 とよばれる時代に いきていたそうです。



それで ひとつ ぼくには わからないことがあるのだけれど・・・・。



ぼくは 中世から ずっと いきつづけているのかな?

それとも ぼくは また うまれてきたのか?





ふしぎなことにきょうみがある方々は 『囚われの王子』 のおはなしをみてね。

コメント

No title

アラッ!↑たまごさんだ。
しもべさんの所で見て来ました。
囚われの王子なんとも不思議な体験でしたね!
スラッカーちゃん、どんな気持だったのかな?!
ポチ ♡

No title

見てきましたよ~
ハネがとってもよく似合ってます
スラッカー君の顔立ちは気品があって中世の王子様そのもの
ぷちっと!

No title

おおお、スラッカー君!ネコのしもべさんのところとのコラボ記事ですねっ(^^*
にゃんこさん、ひょっとしたら、ずっと生きてるのかも!!!
ポチっとニャん凸

No title

★たまごさん: スラッカー「ぼく、中世から生きていてもふしぎではないですか? そうか、だからこのおうちのやねうらべやには、ドラキュラはくしゃくのひつぎみたいな、ベッドみたいな大きな箱がむかしからあるんだ!!! あ、でも ぼくおひさま、だいすきだし、十字架も鏡もだいじょうぶだから、ぼくはドラキュラではないよね。
ミーのママ、不思議ですか? ただ変わっている人というだけだとぼくはおもうんだけれど・・・。ポチありがとうございます。」

No title

★yumeさん: スラッカー「ぼく、せつめいがへただからなんといっていいのかよくわからないのだけれど、すてきな体験、ふしぎなきもちだったなあ。yumeさんはとってもきれいだからきっと中世のおひめさまで、yumeさんの絵もどこかにあって、羽がはえて、同じたいけんをしているとおもうんだけれどなあ。ポチありがとうございます。」

No title

★ねこまたさん: スラッカー「Wow!.。 ぼく、気品がありますか? うれしいなあ。ねこまたさん、だいすきです、こんどあそびにいってもいいですか? このまえ、Mervinというふだんはとうじょうしないミーのママのべつのおにいさんがきて、ぼくのことをみて、『きたない猫だ。』といったのを ぼく、きいてしまったの。 かなしくてずっとないていてとってもおなかがすいたんだよ。ポチありがとうございます。」

No title

★カミフロさん: スラッカー「やっぱり、ぼくいっぱいいきているのかなあ。きっとぼくのあたまのなかではかぞえきれないくらい、おおきな数なんだろうな。ポチありがとうございます。」

No title

『100万回生きた猫』という物語もあるしね♪ ★中世だったら黒猫だったら大変だったね。魔女の手先として火あぶりされたらしいから。★ぽち。

No title

★天使さん:スラッカー「100万回生きた猫がいるならぼくは200万回生きてみようかな。猫たちを火あぶりにするなんてひどいな。ぼくは中世に生きていたけれどオレンジ色だから助かったのかな?ポチありがとう!」

No title

中世からずっとこの凛とした姿で生き続けているなんて素敵です♪
スラッカーちゃんが経験してきた中世からこれまでのお話を聞いてみたいな☆

No title

やっぱり、スラッカーちゃんは王子ではないかと思っていました。
凛とした気品が漂っていますもの!
沢山のお話を心に秘めているんでしょうね。
少しづつ聞かせてね、王子様。

No title

スラッカーさま、トラ王国、国王からお言葉がありました。
「素晴らしい!!ぜひ、我国名誉市民としてアメリカで生命あるものすべてが幸せに暮らせるよう頑張ってほしい」と仰せです。
----トラ王国執事より

No title

★レルママさん: スラッカー「ぼく、すてき? うれしいな。 中世の頃のことはむかしだから わすれんぼのぼくはあまりおぼえていないのだけれど、なにかおもいだしたらお話しするからぜひきいてね。」

No title

★ゲンジさん: スラッカー「そういえば、ぼくが中世に生きていた頃、アオちゃんがぼくのおともだちのひとりだったんだよ。ぼく、アオちゃんととてもなかよしだったよ。^^」

No title

★bibiさん: スラッカー「Wow! トラ王国の国王様からのおことばをいただけるなんて ぼくうれしいな。 名誉市民にしてくれてどうもありがとう。 本当はぼく、bibiさんのおうちですみたいのだけれど、国王様の命令ならばこのままアメリカで住んで みんなが幸せになれるように ぼく がんばるからね。 どうもありがとう!」

No title

★2月18日の10:27AMの内緒さん: お返事が遅れてごめんなさい。今転載可能にしましたのでよろしくお願いしますね。

No title

★2月19日8:55AMの内緒さん: こちらこそありがとうございます。そちらに伺ってきました。

No title

みてきましたよ。猫って、ほんと神秘的な生物ですね。スラッカー
哲学者みたい。

No title

★クーすけさん: ご訪問とコメントをありがとうございます。スラッカーに哲学者みたいだと伝えたらとても喜んでいました。^^

No title

★内緒さん: 今、どうしてもあなたのページが(他の方のも)
開けることができないの。Yahooがおかしいらしいです。
のちほどまた試してみますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター