記事一覧

904: Video: A Grey Squirrel 2

 1:39





903番のお話で 灰色リスさんのビデオをお見せしたばかりですが、今回はそのリスさんの

お友だちのリスさんの登場です。

これも私が9月に写したビデオですが、リスさんは野鳥用の餌を食べています。

野鳥たちのための餌は バードフィーダーに入れてあるので、リスさんたちは食べられないの。

バードフィーダーは原則的に 小鳥たちだけがごはんを食べられて、リスさんたちには

取られないように作られているので、リスさんたちには 別に用意してあげないと。


最初、ごはんを食べていたリスさん、35秒目くらいで向かって右のほうに歩いていきます。

このときはまだ花が咲いていたので かげになって見えませんが、野鳥たちのために

水を飲んだり、水浴びをしたりする小さな小さな池があるので、リスさんはそこでお水を

飲んで、またすぐに ごはんのところに戻ってごはんを食べ始めます。


1分39秒。 近所の工事の音が入って、小鳥さんたちの歌声を消してしまっているので

音はなしで見てくださったほうがいいと思います。  (=^-^=)

コメント

No title

野生の動物に囲まれて生活をしていると、なにか童話の世界に入って主人公になったような気持ちになりますね。

No title

リスさんも小鳥さんも見ていてかわいらしくて飽きませんよね~。
ぽち♪

No title

自然と調和して共存しているのってすてきですね。
もうすぐ寒くなるからね、みんながんばれ!!のポチ!

No title

もうリスが近くで見れるという環境がすごい!
可愛いですね~ポチ凸

No title

可愛いですね~
無心に餌を食べているところ・・・しっぽがふさふさ大きいですね~
素晴らしい環境ですね~

No title

こうしてリスさんの住める環境。
大切にしてあげたいですね。ポチ♪
リスさんの仕草ってすごく可愛い。

No title

小鳥さんの餌をリスさんが食べないようにしてあるのですね。良く慣れているんでしょうね。ポチ~♪

No title

リスさん、とても食欲旺盛ですね。あ、それから別のスレッドではありますが、ミーちゃんのがんばってる姿に逆にとても励まされました…

No title

こんにちは♪マイラさん♪♪♪

同じ餌でも、共存出来るように、餌を分けて居るなんて、
優しい心遣いですねぇ(笑顔)これなら小鳥さん達も安心して餌が食べれるものねぇ♪♪♪リスさんは、いっぱい食べ、冬篭りしちゃったでしょうか♪♪♪

No title

ほんまに、こうやって共存のために餌も、ってええですよね
見ててほんまいやされますねん

No title

にゃんこがいたら、リスもおっかけられそうですが、
室内飼いなので、心なしか、のびのびしているような気がします

No title

いつも思うのですが、リスのシッポって見た目通り、太いのでしょうか?
それとも、“毛”だけであんな風に・・・?

No title

オポッサム・カモ・グース・リスと、そちらは、ほんとうに、自然が素晴らしいですネ・・・カモとグースの区別、判りませんでした。

No title

いつもは鳥さん用のゴハンと リスさんは別なのに 今回は鳥のゴハンを食べていたのですね??落ちたのを食べていたのかな??
9月頃の映像という事は 今はもう来ないのでしょうか??
冬になるとさみしくなりますね。☆

No title

★yasuoさん:はい、私は童話の世界が大好きなので普段の振る舞いもそれに近いらしく、時々現実の世界に生きていないねといわれてしまいます。^^


★りかさん:いつも飽きずにみてくださってとてもうれしいです。


★ねこレスさん:この灰色のリスもうさぎたちも鹿たちも雪の中で生きていくので自然はすばらしいけれど、野生に生きるって本当に大変なことだと思います。


★Yokoさん:私たちはリスたちを大歓迎していますが、すごく嫌って嫌がる人も多く、食べてしまう人たちもいれば、ハンティングする人たちもいて色々なの。


★あぁ茶んさん:私もあんなにすてきなしっぽがほしいな。(笑)

No title

★はなさん:野生の中で生きていくリスさんたちの生活って本当にたいへんみたいです。そのことはまた近いうちに(次回ではなく)書いてみたいと思っているの。今はせめてごはんは毎日置いておいてあげたいと努力しています。


★yumeさん:小鳥用のバードフィーダーには色々な形があるけれど、どれもリスが登っても食べにくいようにデザインしてあるの。それで、リスたちには同じものを地面や切り株の上などに置いてあげます。でも一緒に遊べるほどは慣れてくれていないの。


★ごとりんさん:リスさんたちの食欲はものすごいです、と思ったら、ほとんどのごはんは芝生の隙間とか、小さな穴を掘ったりして隠していました。その姿がまたかわいいの。

No title

★ナナちゃんのパパさん:チップモンク(日本語でシマリス)は冬眠し始めたようですが、この灰色のリスは冬でも雪の中を「マイラ、ごはんちょうだい」って遊びにきますよ。^^


★ロロさん:マータンにも一緒にごはんをあげるのを手伝ってもらいたいです。^^


★カイザーさん:こちらでは猫たちも犬たちも皆室内飼いですが、(寒いし。笑)、時々ひなたぼっこなどのためにハーネスとリーシュをつけてバックヤードに出すと、スラッカーがリスを追いかけることがあって困ります。

No title

★ネコのしもべさん:リスのしっぽの骨も猫みたいな感じです。あとはほとんど毛みたいですよ。


★カンちゃんのパパさん:ずっと見てくださったのね。ありがとうございます。カモとグースたちの写真の中では、小さいものがカモたちの写真でした。^^


★たまごさん:私はリスたちにもほとんど野鳥用のごはんをあげているの。特にひまわりの種が大好きみたいです。それから乾燥したとうもろこしも丸ごと置いておくと朝になると芯だけ残っているの。でもそれはリスが食べたのか、ラクーン(アライグマ)か、オポッサムか、よくわからないのですが。
この灰色のリスとかウサギたちは真冬でも庭にいるので、今も毎日ごはんをあげていますよ。^^ (ただ、私が記事にするのがのろいだけなの。笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター