記事一覧

644: Yummy! - 2

642番の記事で たまごさんからいただいたごはんとミーのお話を書きました。 今日はその続きです。

(このお話と写真は ミーが入院・退院する前のものです。)



さて、ごはんを食べ始めたミー。

本当は 処方箋のごはんしかあげてはいけなかったので、少し心配でした。 ミーは食べ物に対しても

アレルギーがあるし。

それに 猫にごはんをあげるときは 普通は決まったものをあげて、ごはんを変える時は 少しずつ

分量を変えつつ、2週間くらいかけて 別のものに変えるというように聞いていたので、パッケージの

1/3くらいをお皿に載せてみました。







この一枚目の写真は 上から写したので あまりわからないかもしれませんが、横から写した写真を

ごらんください。






ミー、スフィンクスのようなかっこうのままで ごはんを食べています。 ^^

この頃は 少し体力も弱っていたし、手足の関節炎が痛くて 立ち上がることが億劫で、いつも私が

スプーンで少しずつごはんをあげていましたが、スフィンクスのままとはいえ、今回は自分で食べています。



ミーの食器は 本当はもっと深いものを使っていますが、これは ためしということと、普段は食べない

おやつのような感覚だったので 私のお皿を使っています。 このお皿は 平たいので スフィンクスの

まま食べようとすると 舌で押すようなかたちになって、ごはんがどんどんお皿の端に移動して、カーペットの

上にこぼれはじめました。

それで、お皿の下にペーパータオルを敷き、ごはんをお皿の真ん中にもどしました。

そして、驚いたことには、








ミーが 少しですが、立ち上がり始めて ごはんを食べています! (半分くらいですが。 そして

元気なねこちゃんたちにとっては 何でもないことなのでしょうが、私はとても感動しました。)

きっと たまごさんは このごはんに魔法をかけていたのね。

     ---    続く   ---

コメント

No title

ご飯を食べて元気がでてきたんでしょうね。3枚目の写真ではミーちゃん、確かに立っていますね。すごく嬉しい記事です!!

No title

なんて感動的な一瞬でしょう。ミーちゃんに奇跡が起こったようです。Myraさん、嬉しかったでしょう。

No title

奇跡が起きましたね、本当に感動しました。
自分から食べてくれることがどんなに嬉しいか!
Myraさんの気持ちが手に取るように分かります。
ポチです。

No title

ミーちゃんが自分で立って食べてくれてる!いつもマイラさんがスプーンであげてると言ってらしたので これは感動です!ミーちゃんのお口に合ったのね(^-^)とっても嬉しいです!!
でも その後が心配・・サンもお魚は好きで食べるのですが すぐ吐くのです・・ミーちゃんは大丈夫だったでしょうか??
ちなみに コナンはちゃんと食べて吐いたりはしませんが たまごはお魚のまわりの汁だけ 舐めて終わりです(^-^;
同じ物をあげても 三匹の猫達の好みは違って 食べ方もその後も違います。ミーちゃんはたとえ 汁だけでもそのまま栄養になってくれますように・・・ポチ(^-^)

No title

ご無沙汰しております。ミーちゃんが美味しそうに食べてくれて…見ている私も感動しました。
ご飯を食べなくなる、って、本当に心配なのですよね…。
そして、ご飯を食べてくれると、栄養のことだけでなく、その子の気持ちというか、生きる力のようなものを感じることができて、本当に嬉しくなります。ミーちゃんが立ち上がってご飯を食べてくれている姿、本当に私も嬉しいです。ぽち。

No title

ミーちゃんが立ち上がってご飯を食べている姿に感動しています。
春香も関節炎の痛みがひどくて立てなかったとき、たてずにご飯を食べさせてもらったりしてたので、自分からたってくれたときの感動と重なって、涙がでます。
マイラさんやご家族のみなさんの愛情、たまごさんの愛情、たくさんのお友達の愛情がミーちゃんに伝わってるんだなぁと本当に感動します。
素敵なお話をありがとう!また続きを楽しみにしています!ぽちぽちぽち~!

No title

元気が出てきてるんですね^^この調子でモリモリ食べて、ミーちゃんもっと元気になって下さい!

No title

ミーちゃん自分の足で立ってご飯を食べようって思った事凄い・
感動...嬉しいですよね♪
たまごさんの愛が伝わったのかなぁ。
傑作(σ*>∀<)σポチ~~~ン¶☆

No title

キャラット?!
スープ仕立てのやつかなぁ。きっと、食べやすいんだわ。
自分から食べてくれるなんて、本当によかった~。

No title

ステキな魔法をかけてくれたんだね^^
ミーちゃんはみんなに愛されてるんだよ☆
がんばろうね、ミーちゃん。。応援ポチ☆

No title

★ばぁやさん:ごはんを食べて体力をつけるということは本当に大切なのね。ポチありがとうございます。


★シャーベットさん:たまごさんの愛が伝わってきて私もとても幸せでした。


★ミーコちゃんのママさん:いつも記事を楽しみしてくださってとてもうれしいです。ミーもとても喜んでいます。ポチありがとうございます。

No title

★内緒さん:ここで私が鍵をつけてお返事を書くとあなたに見えるかどうかがわからないので、後でそちらにうかがいますね。待っていてね。^^


★ボスくん:魔法のごはん、すごいでしょう~♪


★ねこのしもべさん:「無駄にする」って、ミルキーちゃんたち、ごはんを残してしまうの? でも 野良ちゃんたちにあげられますね。 ポチありがとうございます。

No title

★あーちゃん:このごはんは私がわざわざ、お湯でやわらかくしたりとか何もしなくても最初からゼリーのようなものが入っていて食べやすかったのかもしれません。それに私がいつもペーストみたいなものばかりしか食べさせていなかったのも、過保護だったのかもしれません、と反省中。ポチありがとうございます。


★かんちゃんのパパさん:ウリちゃんの元気を1/10でもわけてもらいたいです。^^


★bibiさん:bibiさんに「いいこだなあ。」といわれるとミーはとても喜ぶのですよ。いつもありがとうございます。

No title

★ごとりんさん:一緒に喜んでくださってありがとうございます。


★ゲンジさん:はい、とても嬉しかったです。一緒に感動してくださってありがとうございます。


★yumeさん:私が過保護すぎるのかもしれませんが、いつも抱いて移動させたり、スプーンでごはんをあげたり、お人形みたいだったミーが自分の意思でこんなにたくさん食べてくれたのでとても嬉しかったです。いつもぽちありがとうございます。

No title

★たまごさん:すてきな贈り物をありがとうございました。たまごさんのところの三人ともこれが大好物なのかと思っていましたが、サンちゃんは吐くのですね。そしてたまごちゃんは汁だけ。ちゃんと食べて吐かないのはコナンちゃんだけなのですね。いっしょに生活していてもねこちゃんたちの好みは違うのですね。
ミーはこの後、はかなかったから心配しないでね。ポチもありがとうございます。

No title

★nono_桃さん:大変なときにいらしてくださってありがとうございます。その後おかげんはいかがですか? ミーの生きる力を確認できたみたいで本当にうれしいできごとでした。ぽちありがとうございます。


★かんかんさん:いつも春香ちゃんをお世話なさっていたのでこの感動をよくわかってくださってうれしいです。春香ちゃんも磨緒ちゃんもミーもほかのみんなも元気ですごせますように。いつも応援のパワーとポチをありがとうございます。


★クロネコパンチさん:ミー「ぶーちゃんにまけないように元気になるからみていてね。」

No title

★にゃんさん:自分で立ち上がってまで食べたごはん。きっとおいしかったのだと思います。ぽちありがとうございます。


★tamakoさん:私、もう少し自分のことおりこうだと思っていましたが、そうではないとわかりました。(><)このごはんの名前、覚えたつもりだったし、写真にも撮ったし、ということでこの袋捨ててしまいました。
↑ ミー 「もちろん、おりこうではないママはごはんの名前を忘れてしまったし、写真もぼけていました。でもゼリーのようなものにこまかいごはんがまざっていて溶けているみたいなかんじでした。おりこうなミーより」


★あまねさん:本当にみなさまがミーを愛してくださるおかげです。ありがとうございます。ぽちもありがとう。

No title

感動ですね。

No title

ごはんを食べてくれるって嬉しいですよね。
それにもまして,こうして立ち上がってミーちゃん,すごい。ポチ♪

No title

★maさん:感動してくださってありがとう。^^


★はなさん:ミーにシリンジでごはんをあげるときは「ママ、何するの!?」という感じで、でもそれがごはんだと口に入ってわかると「あ、お薬ではなかった、おいしいわ。」と食べてくれました。スプーンであげるときは何も痛い手足で立ち上がらなくてもママが食べさせてあげるから、と思ってあげていました。そういうことが習慣になっていましたが、おいしいごはんで自分から進んで立ち上がって食べようと努力してくれて本当にうれしかったです。ポチありがとうございます。(私が過保護すぎたのかもしれませんが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター