記事一覧

591: Icicles




一度 華氏32度くらいの日があり、(摂氏零度)、屋根や木々につもった雪がとけはじめましたが、

あっというまに また凍って たくさんのツララができました。 ツララが お日様に きらきらと

輝いているところは 宝石のように美しく、アクセサリーにしようと ティアラにしたら とても よく

似合いました。 

↑ ミー 「これ、いつもの ママの悪い冗談です。 要注意!」

でも ツララがきれいなのは本当です。

上の写真は家の 2階と3階の すてきなツララ。

下の写真の左側は 3階の上にある 煙突から 暖房のスティームが出ているところを写そうとしたら

おひさまもきれいだったので 一緒に写しました。 もちろん、お日様がスティームに勝ちました。^^


↑ ミー 「それって 失敗の写真?」

いえいえ、そうなることを予想して撮ったから失敗ではありません。

↑ ミー 「ママって 負け惜しみがつよいね。 いつもは泣き虫なのに。」

 (=^_^=)



下の右側の写真は お隣のおうち。 1階のツララが 今にも 地面につきそう・・・。

私の ジェントルマンフレンドのひとりに Pieterという子がいます。

(ボーイフレンドは ロマンスとかセックスをともなうので そういう人はいません。 私の友人たちは

 みな、ジェントルマンフレンドです。 ふつうの男性の友達のことをいいます。)


Pieterが遊びに来て ミーの頭を撫でてくれました。 彼は犬のほうが好きだけれど、一応 礼儀として

ミーを撫でてくれて、私が ほかの3人(ラッファー、スラッカー、メフィスト)を呼ぶと みんな

お昼寝からおきて 出てきてくれたので彼は大感激!

「呼べば、出てくるんだ!」 ですって。


ミーが 元気なときは 私の 車の音や 足音を聞き分けて、外から帰ってくる頃には 玄関できちんと

毎回待っていましたよ。 あのころが なつかしいな。


Pieterは 先日 怖くて眠れなかったそうです。 だれかが トラッシュ缶(ごみを出すときに使う 巨大な

黒いバケツで どの家にもあります。 毎週、トラックが来て 機械的に 大きなバケツを持ち上げて

中のごみをトラックの荷台に入れて持っていってくれます。)- その容器を たたいているので

怖くて 確かめに行くこともできず、一晩中眠れず、朝になってから 勇気を出して そうっとみたら

ツララが 落ちてきている音だったそうです。 

私と同じ思いをしている人がいて、うれしかったです。(微笑)


このお話は また 近いうちにつづきます。

コメント

No title

★てんてんまるさん:夜中ではなくても昼間でもすごい音がとつぜんするので、変な人が来たのではないかとこわくて、ベイビーたちに見てきてと頼むのですが、みんなお昼寝のほうがいいみたいです。^^

No title

★ばあやさん:吹雪の中でツララをみるとつまらないですが、陽に輝いているところはすばらしいです。まだほかにもツララの写真があるのでまたお見せしたいと思っています。

No title

★天使さん:天使さんのところはきっとツララができないくらい暖かいのかしら。もしツララができたらお宅のねこちゃんたちがどのような反応をするのか興味があります。^^

No title

★あーちゃん:ツララの宝石、郵送してほしい?(笑)

No title

★たまごさん:たまごさんは以前は雪国に住んでいらしのですね。なつかしく思ってくださってうれしいです。またさむーーいお話、そのうちに載せますね。^^

No title

★Pちゃん:そちらでは200年くらいたったらツララができるのかしら? キンコンカーンですか? Pちゃんのブログにいくとそんな音がいつも聞こえます。^^

No title

★ごとりんさん:「氷柱」ってきれいなことばですね。これもツララのことを言い表したことばかしら。日本語ってすてきね。自然が作り出すもの、すばらしいと思います。

No title

★シャーベットさん:青空のときは本当にきれいで大好きですが、そういう日はもっと寒いです。そのうちに青空のほかの写真もお見せしますね。

No title

★さくらさん:ツララが落ちる音は何度聞いてもこわいです。私がこわがりなせいかしら? でも自然はとてもきれいです。

No title

★ゲンジさん:このあとこれらのツララ、もっと長くなったのでできるだけ早くにお見せしたいと思っています。アオちゃん、ツララ好きかしら?

No title

★かんかんさん:アメリカのどちらに遊びに行かれたの? きっと大都会にでしょうね。ごみ集め、言われてみればものすごくダイナミックかも。かんかんさんのところにはツララはできませんか?

No title

★レルママさん:このあとこれらのツララはもっと伸びました。できればまたそういうお写真をお見せしたいと思っています。

No title

★はなさん:ツララ、落ちてくるとこわいです。音もぶつかることも。でもみているときは本当に美しいと思います。寒さも忘れて見とれてしまいます。でも写真を撮っていると厚手のグローブを着られないので手が冷たくなります。^^

No title

★あかちんさん:プーちゃんもツララ、見たことがないのですね。大阪は暖かいのかしら?

No title

★やもさん:このツララで宝石を作って美人のララちゃんにプレゼントしたいです。^^

No title

★ボスくん:まだ今なら見られるのでぜひミーに会うついでにツララもみにいらしてね。^^

No title

つららですナー。綺麗なんだナー。こんな大きなつらら、ぼくも見てみたいんですナー。かっこいい!

No title

綺麗な写真ですねぇ♪

ポチっとしたいのですが、携帯からなので残念( ̄□ ̄;)!!

私も天気が良い日に自宅の屋根についている氷柱を撮りましたよぉ。
(1月頃だったはず…。)

子供の頃は氷柱を振り回して遊んだり(き…危険!!)打楽器のように叩いて遊んだり…。
あとボリボリ噛って食べたりしたものです。


まだ少し残っていますが、気候が春に向かっているのかここの所零下になることがないんですよぉ。

氷柱ともそろそろさよならの時期ですねぇ(^_^)/~

No title

★うめちゃん!!!:うめちゃんのなつかしいマークを見て、とつぜん、プラハのつらら駆除隊のお話を思い出しました。これらの写真のツララ、このあともっと長くなったのでまたそのうちにお見せしますね。

No title

★ロビンさん:ツララで楽しく遊ばれたのですね。打楽器のようにたたくってすてきですね。どんな音がしたのかしら? 私もたたいてみようかしら。食べたらおいしかったですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター