記事一覧

Wonderful Gifts 1

素敵な贈り物のご紹介です。長いので2回に分ける予定です。

猫州の魔法の国にある日大きな箱が届きました。

早速、黒猫の双子の兄弟が箱を点検しています。

弟T「きっとこれはぼくに来たプレゼントです。」


贈り物の箱を弟Tに取られたので仕方なく自分のおもちゃ箱で遊ぶ兄のN.
(兄のNは尾が長い子です。)

この赤いクリスマスの袋には右に見えている猫の模様のブランケットが入って
いたのですが、弟Tはなぜか袋に興味を示しました。多分ガサガサと音がする
からでしょう。ブランケットにはボタンがついていてショールにもなります。


弟T「この袋は魔法の国に通じているのだと思います。ちょっと探検してきます。」


Tが袋で遊んでいる動画です。

弟T「ぼく、この大きな箱も気に入りました。」



弟T「まだまだ遊び足りません。」


弟T「ぼくいっぱい遊んだから今度はお兄ちゃんが遊んでもいいですよ~。」

ママ「これは贈り物のご紹介なのですが~。」

兄N「ぼくはもうどうしたらよいのかわからなくなりました。」



猫州は寒いので温かなプレゼントです。左側はショールにもなるブランケット。
表が猫さんたちの模様、裏は真っ白というReversible。
右側は湯たんぽで手書きの素敵な使い方の説明書が添えられていました。


色々な種類の容器、猫さんのスポンジ、ソックス、箸、アクセサリーなどが
箱の中の容器、容器の中の袋、とあらゆる場所から出てきてびっくりしました。


写真を撮っていたらまた誰かが箱にジャンプして入りました。
これはどうも弟のTのようですがどちらが前なのかわかりませんね。



また箱の中で遊び始めました。

何だかわけのわからないご紹介の仕方ですみません。
パート2に続きます。

<世界中の猫さんたちが幸せになれますように>





続く。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター