記事一覧

<お願い>シェルター存続の危機です

ブログを辿ると、去年の4月・・・ちょうど1年なんだ。

緊急避難的に開設されたシェルターは、当時、1匹に1ケージという形で、ケージ飼育されていた。
シェルター当番のいる時間だけは、外に出ることができた保護猫もいたけど、人に馴れていない猫は、ずっとケージの中。人のいない時間なら自由に歩けるかもしれないのに、その時間もケージの中・・・という状況。

なので、
猫たちを自由な環境にしてあげたいと思い、
4月からリフォームを開始して、9月にはケージ飼育を徐々にやめていく方向にした。
現在は、ご寄付をいただいて作ったFIVキャリアの猫の保護スペースと、負傷猫がケージの中。あとは、キャットウォーク代わりのケージと、コタツ。
ほとんどの猫が、シェルターの中を自由に歩いている。

それが、
キャットウォークの設置リフォームを開始しようとした矢先、オーナー様の事情で、このシェルターを出なくてはならなくなった。

ぐわん・・・

このシェルターは、当会の活動を応援してくださる方からの提供だったので、ず~っとお借りできるという保証はなかった。いつかは、こういうときがくるとわかっていたんだけど、
「キャットウォークを設置して、譲渡会に参加できない猫たちのために、シェルターを開放しよう。保護猫カフェ風にしよう。」と、みんなで楽しみにしていただけに、凹み・・・

って、凹んでる場合じゃない!

次のシェルターを見つけなくては!
地域猫活動の中で、戻る場所を失くしてしまった猫がシェルターに来ている。今、シェルターがなくなってしまったら、猫たちの行き場が!

というわけで、今、シェルターとして提供いただける物件はないかと探している次第。
ただ、非常に小さな会なので、資金に乏しく・・・。


東京都町田市もしくは、町田市に隣接した地域(お世話に行ける範囲)で、
「保護猫のシェルターとして提供できるよ」という物件がありましたら、
ぜひ、情報をお寄せいただけないでしょうか。


よろしくお願いいたします。


転載元: <町田ねこの会>別館★保護猫預かってます

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター