記事一覧

288: The Argument




ミー 「今夜のママは ハートブロークンでした。

    ミーちゃんと 夕焼けの写真を撮る前に ママは 歩いて 下見に行きました。

    大きな河の土手や 公園や 色々な場所から 夕日とミーちゃんが 綺麗に写る場所を

    探しに行ったみたいです。 ミーちゃんはお留守番していました。

    ママの知っている スーパーやレストランが並んでいる駐車場からは 午後9時に沈む

    夕日が見えますが、ママは ミーちゃんをもっと自然の中で わりとおうちのちかくに

    連れて行きたいみたいです。

    このあたりの土地は ほとんど平らで 大木がたくさんあるので なかなかみつけられ

    なくて たくさん 歩き回ったみたいです。

    レディーズルームにも 行きたくなったみたいだし、のども渇いたのでお水もほしかった

    みたいで ドイツから来たご一家が 経営している レストランとバーがあるお店に

    よって レディーズルームを借りて お水をいただいて (顔見知りなので できるみたい)

    おうちに また 歩いて帰ろうとしたら そこにいた人たちに ひきとめられたらしいです。

    それで ママは ミーちゃんに お薬をあげなくてはならないから 帰ると言いました。

    理由を聞かれたから、ミーちゃんが 癌だということとか 少しだけお話して 去ろうと

    したら、みんなに

    「You should put her to sleep.」みたいなことを 言われたそうです。(安楽死のこと)

    「癌で苦しんでいるのも可哀想だし、ねこなんかに お金をかけるのは間違っている」と。

     ママは怒って 「ミーは私の娘なの。 あなたは自分の子供が癌だったら殺すの。」

     と いつもなら 我慢しているのに つい 言ってしまったそうです。

     そのうちに 他の人たちも集まってきて ママを説き伏せようとして、ママは爆発して

     しまったところに 今度は アジアの国から (日本ではなくて、他の国でした。)

     来ている人が 「癌は ヴァイルスで移るから そのねこは捨てたほうがいい。」とまで

     言われて、ママは 「癌は ヴァイルスで感染する病気ではないし、病院でくすりも

     もらっているし、おなかの手術もしたし、充分なことをしているから 苦しんでもいない。

     私の可愛い娘を 捨てるだなんて とんでもない。」

     と、ますます 爆発。

     アメリカ人は 大抵 ディベート、討論などが好きだけれど、これは ミーちゃんとママの

     問題だから、ママは 軽く聞き流して 笑顔のまま、すぐにそこを去るべきだったと、

     ミーちゃんは思うの。 でも ママ、そこをすぐに去るのが難しくて、大勢対ひとりの

     討論になってしまって、とても勝てなくて、ミーちゃんにお薬をくれるために やっと

     そこを出てくれたのが 夜中の12時。

     ママは そこから 30分、涙を拭きながら おうちまで 走って帰ってきました。

     そのあと 午前3じまで ミーちゃんを抱きしめて泣いていて、かわいそうなので

     ミーちゃんが 今日のママのことを 書いています。

     ママはまだ ハートブロークンのまま 興奮していて どうしようもないです。 ミーちゃん

     どうしたらいいのかわからなくて 一生懸命 お話を書いてみました。」


ミーのママ・マイラ 「もう 午前4時になってしまいましたが 興奮しているのか 眠れません。
とっても疲れました。 あんな討論などしていないで 早くミーのところに帰るべきでした。

ミーの 右目のこと、ご心配おかけしてごめんなさい。 真ん中のところがなんとなく茶色く見えます。
色の付いた涙は 目薬を 差し始めてから 止まったように思いますが、ERへ行く必要はないとのことで今度の 木曜の午後に 診察の予約を入れました。まだ 冷静になれないので 皆さんの お気にさわるようなことや 間違ったことば、ふかいなことなどが 書いてあったら、ごめんなさい。」

(今日のお写真は 涙が出る前にお散歩した時のものです。 )

コメント

No title

私はどんなことがあってもMyraさんとミーちゃんを応援します。やるだけのことをやってあげてはじめて、納得できるんだと思います。他人がいろいろ言えることじゃないもの!!自信を持って今のあたたかい生活を続けて下さいね。

No title

Gosh! You had a tough time dear.

Of course there're many point of views for everythings, but you should stand for what you think is the best.
And you did it right, dear.
It was hard lesson but you know what you need to do now.

Please do take care of yourself. And that what Mie-chan is needed. She's waiting for you and your love.

God bless you.

No title

悔しいお気持ちお察しいたします。周りの人がどう思っていようが、Myraさんがミーちゃんをどう思うかがもっとも大切ではないでしょうか?ワタシはMyraさんは間違っていないと思いますし、ミーちゃんを思う気持ちにいつも尊敬しています。元気を出してください!

No title

世の中には、いろんな意見の人がいるから・・とくに愛のない人が増えていると思うよ!『口論が始まる前に、そこを立ち去れ!』
です。ボクもよく失敗します(+_+) ミーちゃんも心配してる、元気出して♪

No title

なんて心無い事を言うんでしょうね!!しかもMyraさんの気持ちを分かってくれる人がいなくってさぞ悔しい思いをしたことと思います。私がそこに居たら、絶対Myraさんの味方になってあげられたのに。でも、分からない人は何を言っても分からないですからね。討論では悔しい思いをしたかもしれませんが、本当に悔しがるべきなのは動物との友情や愛情について、何も理解出来ないその人たちの方だと思います。

No title

Myraさん、とても辛い経験でしたね・・・人間の生死に関してもそれぞれがいろんな意見を持っている今、ペットをただの動物と考えるか家族同様と考えるかでまた意見が全然違うのでしょうね。でも私もMyraさんの気持ちは良く分かりますし応援しています。Myraさんの心の傷が少しでも癒されますように☆

No title

ミーちゃん、ママは、ミーちゃんの為に、一生懸命頑張って、お話ししてきたんだヨ。ママの側にいてあげてネ。

No title

最近私のお友達が転勤になりどうしても
次の住まいが猫が飼えず 短期だったので
親戚やお母様にしばらくお願いしたいと頼まれたら
みんな もう保健所に連れて行ったらと言われた事思い出しました、お母様はワンちゃん飼ってらっしゃるのに少し?でなんとか駄目な次の住まいに連れて行く事になりましたが・・・・
考え方の違いすぎる人達と会話すると
なにかガッカリする事多いですね
myraさんの心の傷が早くよくなる事願ってます。

No title

大勢の人に取り囲まれて、怖かったでしょう。理解者が一人も周りに居られなく、悔しい思いをされたんですね。Myraさんの理解者がここに沢山います。元気を出してくださいね。

No title

とっても大切なミーちゃんのことだから、何か言われたらそのまま立ち去るなんてことはできなかったんでしょうね。人それぞれに考えがあるからいろいろな意見があると思います。だけど相手のことを考えるのも大切なことなんじゃないかな。大切な誰か(何か)を失ってしまう辛さは、想像する力、相手を思いやる気持ち、そして経験があればわかると思うんだけど。Myraさんに早く笑顔が戻りますように。

No title

どうしても聞き捨てならない事ってあります!!!
いつもなら流そうとしても、どうしても許せない事って、起こってしまいますね。
どうか、お心を優しく休ませて、みーちゃんとゆったり過ごして下さいね。
娘だと思って暮らしている気持ち、とてもよく分かります!!!

No title

Myraさんのミーちゃんへの愛情からMyraさんの人柄が手にとるようにわかります。
私はMyraさんの考てることは正しいと思います。間違ってません。
どうかまた立ち直って元気で明るいMyraさんになってください。
ミーちゃんもいつものMyraさんを待ってるでしょう。

No title

Myraさんとミーちゃんの絆の強さは目に見えないから、「見えるものしか見えない」人たちにはそのかけがえのない絆が理解出来なかったのですねT_Tでも、目に見えないものにはとても素敵なものが一杯あるので、これからもそれらを大切にしたいですね~お互いに。

No title

猫や犬の運命はいつも私の掌にあり、私の一存で彼らのそれが大きく左右される、、と仰った方がいますがその通りだナァと思いました。幸せに寿命を全うさせてやりたい・・と思いました。
ミーちゃんは誰よりMyraさんを信頼しているはずです。。
さぁ!!ミーちゃんがMyraさんの笑顔を待っていますょ♪^^

No title

Myraさん、辛かったでしょうね。解ってもらえないのは辛いけど、解らない人には言えば言うほど傷つけられます。本当に猫が苦しむのが可愛そうだと思ってる人が「猫なんか」にお金なんて言う筈ありません。癌がヴァイルスかどうか知らない以前に「捨てる」ことを薦めるような人はもうその事実だけで大バカ野郎です。Please do not waste your emotion on such stupid people. They are just pitiful people who do not know what they are talking about. Hope you feel better soon.

No title

Myraさん 大変でしたね。アメリカはディベードの国、なのに、議論をしても理解してもらえないことがたくさんあるのですね。戦って傷つくのは馬鹿だとわかっていても、我慢がならないことってありますよね。きりんもしょっちゅうやってしまいます。(笑)さて、すんだことは忘れて、楽しいことでも考えましょうかね。

No title

私や夫(にゃじ)が、Myraさんと同じ立場になったら、やっぱり、聞き流せず、猛抗議すると思います。
離れているけど、ここに応援団がいますからね。元気出してください。

No title

Myraさんの考えは正しいですよ。
病気になったからって動物を安楽死させるなんて考えられません。
私も応援していますよ。

No title

そうだね。ほんと、いろいろな人がいる。
猫好きな中にも、お医者さんの中にも、友達の中にも。
みんないろいろな考え方があると思う。
でも、小さな命を育む大切さを知らない人は信用できないし、好きになれない。
そんな人たちを見て寂しくなったのですよね。

でもね。Myraさんの周りには、それ以上にステキな人たちがいっぱいですよね。
そんな人たちが増えてゆくと思うし、命の大切さも、ほんとはみんなが知っているのですよね。それに気が付かないのをMyraさんの日記が思い出させてくれると思う。
こころを締め付けないで頑張って。

No title

辛い思いをなさいましたね…。考え方が違うだけならともかく、感染するなどという知識不足には、本当に困りますね。
小さな命に対する愛情、そして知識…これらを持っていない人達とは、私もあまり話をしたくありません…。
悲しいことは早く忘れて、ミーちゃんと楽しい時間を過ごしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター