記事一覧

1726: "Sakekasu-Kobo" - Nekomata-san


 
 
 
 
ダウンタウンにあるジャパニーズレストラン、コリアンレストラン、などに行くと

「miso soup」というメニューがあります。お味噌汁のことですね。

それを注文すると透き通るくらいの薄いお味噌汁に信じられないくらい小さく切った

お豆腐がほんの少し入っています。 これはアメリカ風にアレンジしてあるのかそれとも

本当のお味噌汁もこんな感じかしら?

私はお味噌汁が好きなので家で自分で作ります。でもその時にはお豆腐のほかに

色々な野菜やフライドトーフ(油揚げ)、海草などををたくさんいれるのでミソスープというよりは

ミソシチューみたいになります。 :-)



両親は海草などはいれずに (海草はSeaweed 海の雑草と言う名前で大抵の

アメリカの中西部に住む人たちは嫌がります。) 卵をたくさん入れてエッグドロップスープに

すると喜んで食べてくれます。
 
 

お味噌はインターナショナルのお店で手に入りますが、以前はあまり気にしないで適当に

買っていました。でもあるとき ねこまたさん が「お味噌の原料は大豆と塩と水です。」と

おっしゃっているのを読んでから材料をみるとそのお味噌によって色々なものが含まれている

ものがほとんどでした。 私は「大豆、塩、水」と書いてあるものだけを選ぶようになりました。
 

お味噌汁については こちらで「ミソスープパーティー」が友人宅でありとてもおかしいことが

あったのですが、それはまた今度お話しますね。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
その後、ねこまたさんは 「酒かす酵母」というものを教えてくださいました。

お味噌汁に入れるととてもおいしくなるというので作ってみることにしました。



インターナショナルのお店で 「Sake Lees」あるいは「酒かす」を注文したいといっても

「Near Future」(そのうちに?)というだけでなかなか仕入れてもらえませんでした。

しつこく何度も行くと 「酒は売れない」とか 「鮭はない」とか Sakeとういう言葉だけで

全然わかってくれませんでした。 何度か交渉してオーナーが取引先に電話しているときに

電話で説明させてもらって「Sake Lees」「酒かす」ということを相手に理解してもらえてからは

そのお店でまとめて仕入れてくれることになって便利になりました。

今は納豆や油揚げと一緒にお店の大きな冷凍庫に入れて売られています。

でも私しか買う人がいないとか。 :-)

そこのお店で仕入れてくれたものはこれ。
 
 

 
 
 
 
 
こんなに小さな袋で 5ドル49セントでした。 日本ではいくらするのかしら?
 
 
 

詳しい作り方は ねこまたさん のところで読んでね。
 
 

私は作り方の分量が「適当でよい」というところが気に入りました。(笑)

ガラスのビンを熱湯消毒して そこに酒かすとてんさい糖とお水かぬるま湯を入れる、と

あったのですが、てんさい糖というものがわからず、普段使うブラウンシュガーを使いました。
 
 
 
 

これはただ材料を入れただけのところ。
 
 
 

 
 
 
 
 

このままでも自然にきれいに全部が溶けて混ざり合いますが たまにビンを振ったり

大きなスプーンで混ぜてみたりするのも楽しみのひとつです。
 
これを私の家では Radiatorの上に置いておくとあっというまにできあがります。

ただし、うちは貧乏なので設定温度が低いので最初は2-3日かかりましたが、その後

同じ材料を継ぎ足していくと1日かからないでできます。
 
 
 

私はとても適当に作っているので その時によってどろどろとしたもの、さらっとしたものなど

でき方が違いますが、しばらくすると必ず酸っぱくなってきます。

この濃さは 酒かすの分量によるものらしいので好みでよいようです。
 
 

お味噌汁にいれてみると (私たちはそれでもミソスープと呼んでいますが)、とても美味しく

なってびっくりしました。 それで煮物や炒め物など色々なお料理にも使うようになりました。

この酒かす酵母がしばらくすると酸っぱくなるのは乳酸菌が元気だからだそうです。

私は家にいる時には1日に2-3回はこれを大きなスプーンに1杯ずつ飲んでいます。

私はこの味が大好きなの。 (私はヴェジタリアンなので味に対する感覚も他の人たちとは

違うらしいです、笑)
 
 

健康をとても大切にしているTaylorは酒かす酵母をお料理にいれると喜んで食べます。

そして毎日スプーンに1杯だけ飲む努力をしているようです。彼はそのままそれを飲むことは

好きではないみたいですが、健康のためにねこまたさんのおっしゃることならきくのです。
 
 
 
 
 
 
 
ある日、また 酒かす酵母が減ってきたので また適当に酒かす、お水、ブラウンシュガーを

たしました。 その時、適当ながらいつもよりも糖分を多く入れました。 

「糖分は酵母のごはんになるので できあがりは決して甘くなりません。」

と最初から言われていましたが、毎日体重制限におびえている(笑)私には 「糖分」という

言葉がこわくて 今まで少なすぎたのかもしれません。
 
 
 

それをまたRadiatorの上に半日おいてビンのふたをあけると まるで中身はソーダ水の

ようになっていました。

どのような状態が一番良いのか ねこまたさんにお聞きしたら、このソーダ水のようなものが

一番よいみたい。
 
泡がたっていてその音が聞こえてきて生きているっていう感じで驚きました。

「ソーダ水のようになるのは 酵母菌が元気だからです。」とねこまたさんからのお言葉。

お言葉を借りれば 「シュワシュワーッ」という状態だそうです。 :-)

これもしばらくすると乳酸菌が元気になって酸っぱくなります。

私はこれもお料理にいれるだけではなくて 必ず毎日何度か飲んでいます。
 

バレリーナは自分のからだが資本みたいなもの。 

私は元々病気があるので 余計に気をつけないとステージをキャンセルすることはできません。

(レッスン中の怪我などでは みんな誰でもよくキャンセルして代役になることがあります。)
 
また私は家を留守にすることが多いので そのときには酒かす酵母を飲み終えて 家に

戻ってからまた新しいものを作っていました。 でも

「乳酸菌は60度くらいになると死ぬけれど寒いのは平気。」

「継ぎ足していくとだんだん酵母菌が増えて強くなる。」

というねこまたさんからのアドバイスをいただき、今度からはもっともっと酵母菌さんたちに

強くなってもらおうと思って楽しみながら作っています~♪
 
 
家の中にはRadiatorはいくつもありますが、つい簡単なのでキッチンにあるものの上に

置いてしまいます。
 
 
スラッカー 「ここに置かれると おりこうなぼくは そのビンを倒さないように飛び乗らなければ

       ならないのですが、ママが健康になってくれるのなら そのくらいぼく平気です。」
 
 
 

 
 
 
と 可愛いことを言ってくださいます~。 :-)
 
 
 

ねこまたさん、すばらしいことを教えてくださってありがとうございます。

私は説明がうまくできないので 質問がある方は ねこまたさんに直接お尋ねになられたほうが

確実です。 とてもお忙しいのにささいなことでもすぐにねこまたさんは答えてくださって

とても感謝しています。
 
 
 
みなさま、長い文章を読んでくださってどうもありがとうございます。
 
この文章はねこまたさんにお手伝いしていただきながら少しずつ書きました。
 
 
 
いつもたくさんのご訪問やコメントに感謝しています。
 
 
 
 

 
 
 
 
かわいらしいイラスト素材は うしちこ母さん からお借りしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
★★★ 世界中の猫さんたちが幸せになれますように ★★★
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動物たちが大好きな私は トナカイ、象、キリン、熊、白熊、鹿、牛、馬、ブタ、野ウサギ、リス、アライグマ、オポッサム、アライグマ、オオカミ、ペンギン、ペリカン、グース、ダック、ガチョウ、アヒル、鵜、カモメ、ワシ、タカ、ツル、ラマ、アルパカ、その他大勢の動物写真や、草原、湖、川などの風景写真、草花や木々などの植物写真などをもとにして、詩、エッセイ、童話、小説などを英語で書いています。いつかそのうちのひとつを日本語に翻訳してこのブログにご紹介できればいいなあと思っているの。

コメント

No title

酒粕をお味噌汁にいれるの知らなかったです~!酒粕って甘酒にするのしか食べないです。アルコールが苦手なのでちょっとこれは苦手なんだぁ。
でも、こちらでも酒粕はいいお値段します。飲むとカラダにいいって有名ですよね。私はカラダにいいモノは大抵苦手~^_^;。

ぽちぽち!

No title

おはようございます(#^.^#)マイラさん♪

酒粕が。。粕汁ゎ体が温まるし美味しいですょ(*^^)v鮭のアラを使うとこれがまた最高に旨いんです♪

あと。。酒粕で甘酒作ってみてゎ如何でしょうか?ぽちん

No title

すごいのですね!?

子どもの頃は好きではなかったです。
母親もいなくなって。。。もうほとんど食べることはなくなりました(苦笑)
ポチッ!!

No title

麹が手に入れば、お味噌も簡単に自分で作れますよ~。

No title

★コメントありがとうございます。

酒かすってアルコールが入っているの?かすだから入っていないとおもっていました。甘酒の造り方、わかりません。 :-)

しもべさん、お母様はなくなられたの?悲しいことを思い出させてしまってごめんなさい。

麹、あら、読めない漢字がでてきてしまいました。お味噌も手作りですか?私にはとても無理だとおもうわ。

No title

私は、粕汁専門です(笑)
揚げ豆腐、大根、人参、牛蒡、こんにゃく、等を入れ、少し、お味噌を入れます。
やっぱりそちらは、酒粕は、高価ですね~!
それにしましても、Myraさんは、お偉いです。
私には、出来そうにありません(>・<)
ポチ

No title

マイラさん、こんにちは^^

私の地域ではお鍋を味噌仕立てにして酒粕を入れます、
と言ってもマイラさんは
お鍋を食する習慣がないから分からないかも、ごめんね。

でもマイラさん凄いです、よく作りましたね!
体が温まって美味しかったでしょう。。

スラッカーちゃん、ママ思いのお利口さんね。

ぽち!

No title

スラッカーちゃんも温めてくれるからすぐにおいしい酒粕酵母ができるのですね♪
ねこまたはフツーの粕汁は苦手・・・酒かす酵母は水と半々くらいで味噌汁を作るのにね(笑
発酵させるとまったく別物になる気がします
ハクツルの酒かすはこちらのスーパーでもポピュラーですが値段はこちらの倍くらいになってますね
紹介してくださって恥ずかしいです~
トラックバックさせていただきました
ぷちっと

No title

日本でもお味噌を手作りする家は少ないですよー。
お出汁はカツオですかね??
でもホント、Myraさん親日家でいらしゃって、
日本の文化を愛して下さっているので嬉しいです。
そのうち「ぬか漬け」もお作りになられたりして。~☆×☆ぽち。

No title

★コメントありがとうございます。

牛蒡やこんにゃくは売っていないみたいです。

ほかの方のブログで「お鍋料理を食べる」というものをいくつもみましたが、こちらではチーズフォンジュみたいなものしか考えられません。:-)

私はお味噌までは手作りできそうもありません。猫ちゃんたちが食べてくれるなら喜んで作りたいけれど。(笑) 笑われそうですがお出し汁って使っていませんでした。(笑)こういうところが日本の本当のお料理とは似ているようでもぜんぜんちがうのよね。:-)

No title

★コメントありがとうございます。

ねこまたさん、今回はお話を書くお手伝いをいっぱいしてくださってありがとうございます。酒かす酵母はお料理に入れてもそのまま飲んでもおいしくて私は家にいる限りは毎日これはかかせないものになりました。
私が買った酒かすは日本の値段の倍くらいですか。ため息がでます。運賃や手間代などがかかってそれに税金もかかっているのかしら。遠くから旅して来てくれた酒かすの中にある酵母が生きていてそれが私の家の中のビンの中でもっといきいきとしてくれてうれしいです。おいそがしいところをご協力本当にありがとうございました。

No title

ウワー、ハクツルの酒粕すね~~。懐かしい♪
昔、私の父が1合を(カップ1杯)、毎日晩酌したお酒です。
お酒は百薬の長と言って、他の薬より体にいいと言います。
ただし、飲みすぎて酒乱になると、なかなか治らない代物でもあります。
酒蔵見学の時には化粧水を買いいました。
日本でも、洋風のスープがあるように酒粕の
糟汁や、味噌汁も世界の顔になりつつありますね。
スラッカーちゃん、優しいのね。*

No title

発酵食品は体にいいですよね 味噌汁にお茶(グリーンティー)を毎日飲めば風邪引きにくくなります。
日本の食文化は 昔から酵母や菌を上手に利用した優れた発酵食品がたくさんあるのですよ
ぬか床を作って 漬物やってみたらいかがでしょう きっと気に入ると思いますよ。

No title

酒粕は、とっても体にいいんですね。私も食べなきゃいけないと思いながら、最近はあまり食べる機会がありませんでした。
来月、お酒を造っている酒蔵を見学に行く予定があるので、そこで、できたてのフレッシュな酒粕を買ってこようかしら。酒蔵で作る酒粕は、そのシーズンのお酒が出来た頃にしか作られないので、とてもフレッシュで美味しいはずなんです。
でも、酒蔵の酒粕は保存のための加工をしてなくて、水分の多い生ものなので、アメリカまでお送りするのは無理でしょうね…。もし出来るのなら、Myraさんにプレゼントしたいんだけど。

No title

酒かす、冬には最適ですね~
5ドル・・・3・400円くらい?
ちょっと高いかも・・・(^^ゞアハハ…

凸ポチッ

No title

スラッカーくんが見張ってるんじゃー誰も手出しはできませんね@@
美味しい酒粕酵母ができますように♪
ポチ☆

No title

多分、お値段は、同じくらいに、なると思います。
チャイ母は、アルコールを全く受け付けない体質なので、(日本人には、アルコールを分解する力が無い人が多いんですって。それは、日本人の祖先が、氷河期を乗り切る時に、無くしてしまった遺伝子なんだそうです。それが最近、わかったんだそうです。先日TVで言っていて、知りました。)
酒かすを使ったものも、ダメなんですよ~~
酒かすを使った かす汁も、酔っ払っちゃうんですよ~~残念。
すっごく体があったまるんですけれどね~~
でも、Myraさん、すごいわぁ~~! ちゃんと交渉して酒かすを、仕入れてもらえるように、なるなんて、素晴らしいです~!!
酒粕でMyraさんの体が、どんどん丈夫に、なります様に・・・ぽち!

No title

今、スーパーにいったら同じものが298円でした。私はもっと量の多い「お徳用」買ってきました。かす汁は苦手なので甘酒作ります~。砂糖と生姜を入れて作ります。

No title

わたしも娘もかす汁は苦手です。そちらでは値段もそう変わらず、日本のものがなんでも手に入るのですね。
酵母を作るなんて、凄いです。
日本人以上に日本を愛してくださっているんですね。ありがとうございます。

No title

★コメントありがとうございます。

お値段、場所によってちがうのかもしれないけれど日本の倍くらいですね。でも日本から食料をアメリカには原則的に送れなくなってしまったのでしかたがありません。(何か面倒な手続きが必要になったらしいです。)

日本の文化はいいですね。
私はグリーンティーも大好きです。それなのにかぜをひいたのは飲み方がたりなかったからかな? :-)

多くの方々がおっしゃっている糠、よくわかりませんがもしもとっても簡単だったらそしてヴェジタリアン向けだったらいいのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター