記事一覧

1575: Riverside Walking

私はときどき家の近くの川岸を散歩します。

家族はパワーウォークといってまるで私が走るくらいの速さで力をこめて

10kmくらい歩き回ってくるという運動も取り入れています。途中でわざと

坂道や階段も取り入れていて 私のとても楽なリラックスした散歩とは大違い。

 
 
私の場合は、少し歩くと 南側は大きな川、北側には家が建っています。

下の写真の中に家がみえますか。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

この写真ではあまり奥行きがわからないかもしれませんが、とても急な坂になっていて

この下から上のおうちまで全部がバックヤード。 

(フロントヤードは家の向こう側にあるので見えません。)
 
 

坂道のとちゅうにはうすいピンクのきれいなお花がいっぱい!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
もう少し歩くと 坂の一面に やわらかな感じのピンク色のお花がたくさん!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてやさしさにあふれているお花の坂を上り詰めるとそこには大木が!
 
 

 
 
 
 
 
 

こういうところを歩きながら 私は童話を書いているの。

絵が描けたら絵本がつくれていいのになあといつも絵が描ける方をうらやましく思います。
 
絵本にはできないけれど、なにか魔法の音符がうかんできて しらないうちに

そのあたりで踊りだしている私の姿は このあたりの動物さんたちはみんな知っていますよ~♪
 
 
 
 

← こちらをクリックしてくださると嬉しいです~♪

 
 
 
 
 
★★★ 世界中に幸せをもたらすお花がみちあふれますように ★★★

コメント

No title

Myraさんが、このお花畑を、少女になったり、時には、小動物の真似をして、飛び回っている情景が浮かんできます。(笑)
なんだか、物語の世界に入っていきそうです。*^^*
らんらんらん!Myraさんの素敵な秘密(バレバレ)場所に、ぽち

No title

胸いっぱいに酸素を吸い込んで「森林浴」にも成りそうな環境の中ですね~♪

「カニ族」・・・今のようにバイクが買えない時代の話です。
当時の若者は大きなリックを背負って列車で旅をしていたものです、余りにも荷物が大きいので列車の乗り口に引っかかって中に入れません。

そこで若者は身体を横にして、すり抜けていました、その格好がカニの横歩きに似ていたもので「カニ族」と云われるようになりました。

遠い昔の話です^^
☆!

No title

★siroattsiさん: そうなの、そうやって私が遊びまわっているここは秘密基地だったのですが写真をのせたのでみなさまにばれてしまいましたね。それでもまたらんらんらん!とあそびまわるつもりですが。(スマイル)




★かもめさん: 確かにこのあたりの空気はおいしいかもしれません。封筒にいれて郵送しましょうか?(笑)「カニ族」の説明をしてくださってありがとう。ヨーロッパから大勢のバックパーッカーたちがきますがそんなイメージなのかしら。

No title

踊れるのがすばらしいし。
童話みたいなマイらさんの文調もすてきですよー。
ポチ

No title

いつも散歩をしている場所が草木や野生生物に溢れている…なんと素晴らしいことか!
私がいる東京という都市では、人間が居てよい、と認めた生物や草木しか存在することを許されないし、大地の多くはアスファルトで覆われています。
本来、日本人は自然を崇めてきた人種だったのに、一体何故…Myraさんがお住まいの場所がうらやましく思えます。

No title

なんて、素敵なの~~!!
頭に、♪が、浮かんできて、踊れるなんて~~!!
素敵過ぎて、最高です~!! いいなぁ~~!!いいなぁ~~!!!!
いつか、そんな姿、見たいです~~!! ぽちぽち!!

No title

童話を作り、♪が浮かんできて踊れる散歩道、なんと素敵なんでしょう~
動物達も一緒に踊っているかもしれませんね~(笑顔)
ポチ

No title

素敵な場所ですねェ 自然が豊かなのが伝わってきます。

No title

なんてすてきなお散歩コースでしょう!お兄さんみたいに早く行っちゃうのもったいないです。
すてきなおうち眺めるだけでも嬉しいですね。

ぽちぽち。

No title

こういう素敵な風景がすぐに近くにあったら散歩したくなるでしょうね(・∀・)
あかちんの家の周りは・・・田圃、家、山(笑)

No title

素敵な風景ねえ。こういうとこなら散歩の習慣をわたしももてそうだけど。
ぽち。

No title

童話を書いているの? Myraさんの書く童話はきっと地球や動物に優しい心温まるお話なんでしょうね^^
こんな素敵な場所でお散歩なんて羨ましいです☆

No title

パワーウォークは 付いて行けそうにないけれど
せっかくの景色ですものゆっくり散歩したいですね。
童話の世界がこの風景の中にある・・確かにそんな感じがします。
どんなお話が繰り広げられるのか、とても楽しみです。
ポチ。

No title

広い気持ちの良い所ですねー。散歩にもってこい、いい作品ができますね。ポチです。

No title

本当に赤毛のアンの育った子今日みたいな、素晴らしい景色で素敵な所ですよね。
こんな素晴らしい景色を見ながら、散策してたら素敵な物語も浮かぶでしょうね。
童話とても楽しみです。出来たらぜひ見せてくださいね。
ポチポチ(^_-)-☆

No title

10キロを歩き回るってスゴい事です@@;
でも歩く事でいろんな植物に出会えるんですよね(*^_^*)
僕には真似できませんけど・・・
ポチ☆

No title

素敵なところですね~~
ここなら童話もかけるし、詩もかけそう
絵もかいてみてくださいな
Myraさんならきっと素敵な絵がかけそう

お父様ご無事でよかった
ねこまたも電話大嫌いです(笑

ぷちっと

No title

お父様、良かったです!!
御心配されていた様子、読んでて、いっぱい、いっぱい、伝わってきました!! 本当に、良かった!

No title

お父様のお話ひやひやしながら読ませていただきました
何事も無くてホッと胸をなでおろしました☆^^

この写真の景色をご自分の目で見て
ご自分の足で歩く事が出来るマイラさんがうらやましいです~^^

私がいつも見ている木や緑は人工的なもの(誰かがデザインして庭や公園として作ったもの)だけど~この写真の場所はそれとは全く違っていて、本物の自然の景色なのですよね!☆

私はダンサーでもアーティストでもないけれど
思わず踊りたくなってしまうマイラさんの気持ち☆なんだかすごく分かります♪
ポチ!

No title

★コメントありがとうございます。

父のことでご心配をおかけしてすみません。

先日兄のパワーウォークについっていったらワンブロックもいかないうちにみえなくなりました、いえ、みえていたのですが、とっても遠くに行ってしまってついていかれませんでした。

私はのんびりと歩いているほうが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター