記事一覧

1447: Elsa

 
久しぶりに ”Born Free" を思い出しました。

この本は Joy Adamsonが1960年に出版してから 多くの言語に訳されましたから、

お読みになられた方々もおおいとおもいます。 特にあらすじをいわなくてもご存知ですよね。
 

簡単にご紹介だけすると ケニアのある村に人を食べてしまったオスのライオンがいて

Geroge Amdamsonが彼を殺すティームに入らなくてはならず、突然、飛び出してきた

メスライオンも撃ってしまい、その後に生まれたばかりの赤ちゃんライオンを3人みつけたの。
 

彼が家に連れて帰ると 奥さんのJoyが いっしょうけんめいに世話をして、特にいちばん

小さな子に Elsaという名前をつけます。
 

大きくなってきて ほかのふたりは動物園に送られてしまいますが、Elsaだけは 手元に

残して、まるで猫ちゃんとあそぶようにたのしい日々をすごしました。
 
 
でも ご夫妻は ケニアを一時的に離れなくてはならず、Elsaも動物園に送られそうに

なりますが、Joyの強い願いで Elasaを野生にもどそうというこころみがはじまります。

野生の世界を知らないElasaはかもしかと遊んだり、夫妻においていかれると 1週間後

には 夫妻のもとに餓死寸前のすがたであらわれるの。
 

Elsaは肉食だから仕方がないけれど、シマウマさんたちをGeorgeが撃って それを

彼女に食べさせたりしていた場面は 私にはショックです。 ライオンさん専用のカリカリ

なんてないですものね。 もちろん缶詰のライオンフードも。 :-(
 
 

でも夫妻の努力で 野生にもどったElsa。

彼女に会いたくてたまらない夫妻は 1年後に 3人の子供をつれたElsaがたずねて

きてくれて大喜び。 私も単純にうれしかったです。
 
 

 
 
この実話をもとにして 映画も1966年につくられています。

Joy Adamsonには Virginia McKenna。

夫のGeroge Adamsonには Virginia McKenna。

このアクターとアクトレス、実生活でもご夫婦なのね。
 
 

この本は 全部で3冊つづきます。

私はめったにTVをみることはないのですが、

”Nature  Virginia McKenna Visits Elsa's Camp”

という番組があって みてみました。
 
 

Joyを演じた アクトレスが 45年後にまたケニアをおとずれて そのときの

ようすのドキュメントフィルムでした。
 
 
もちろん、その後 Elsaがどうなったかとか、本当のElsaの育ての親の

ご夫妻がどうなったのかとか Elsaのこどもたちのお話もありました。

これもきっとゆうめいだから みなさま ご存知でしょうね。
 
 

実は お願いがあるのですが。

この番組は 60分でしたが、Wisonsin Public TVのWebsiteで

ほんの 3分弱、どんな感じの番組かと紹介しています。

興味のある方にはもちろん 見ていただきたいのですが、私にはそれが日本から

みられるかどうかわかりません。
 
 

私が 日本のおともだちに紹介されて何かを見ようとすると 

「あなたのIPアドレスは国外なので 日本以外からはみられない。」

というようなコメントが出て みられないことが多いの。
 

全部をみなくても いいので 下のURLをクリックして 

”Virginia McKenna Visits Elsa's Camp”

が日本から見られたかどうかだけでも教えていただけないかしら?
 
 
 
 

姉はどうぶつさんたちが大好きなので 実際にアフリカでキャンプをして

多くのどうぶつさんたちとのふれあいをもったのですよ。

私も誘われましたが、おこづかいがたりなくて行かれませんでした。:-(
 
 
でも 我が家には 小さなライオンさんたちがいますから彼らと遊べるので

私はそれで一応まんぞくです。
 
 

ElsaのようにおなかをみせているSlacker。

 
 
 
 

遠いほうから Slacker, Ruffer, そして Princess Mie。

 
 
 
 
 
2006年の6月の写真なので またミーが写っているわ。

Mephistoは このときはもう少し離れていたので写りませんでした。
 
 
 
(でもこの Elsaのお話、最後はかなしいのね。)
 

★★★世界中のどうぶつさんたちが皆 幸せになれますように★★★

コメント

No title

残念!
We are sorry~・・・・・・って出て見られないですよ。
Elsaはかわいいですね。
残念のポチ☆

No title

私も観られませんでした!
We're sorry ・・・と出ました。
このお話、確かな記憶では無いのですが、知っているような気がするのですが・・・
何だか、切なくて感動的なお話ですね~♪
ポチ

No title

こんばんはMyraさん~今年も宜しくお願い致します!
早速今みてみましたが、私のいる地域は観る権利がないそうです~残念~でも以前映画をみたし、音楽♪CDを持っているのでしみじみとまた思い出してみます~感動映画でした!
沢山の猫ちゃんたちが可愛い! ぽち!

No title

やっぱり見れませんでしたぁ~!!残念~~!!!

野生のエルザって言う名前で、こちらでも人気になりましたよ~!
ちっちゃかった頃なんですが、すごく感動的なお話だったの、覚えています。

お庭の、皆、すご~~く、かわいい~!!!
んふふ。確かに、スラッカーちゃまは、エルザに、似てる~!~! ぽち~!!

No title

野生のエルザですよね(*^。^*)。私も動物モノの映画って涙ぼろぼろで見れないのです、見てないのです。

スラッカーちゃん、無防備でかわいいなぁ~ぽち!

No title

見れなかった(涙)
キレイな緑で伸び伸びと気持ち良さそうですね♪
ポチ☆

No title

イギリスからも見られませんでした。
表示:We're sorry, but this video is not available in your region due to rights restrictions. ということでしたw
中国に住んでた時はYoutubeの動画など見られず、寂しかったことを思い出しました。(許可のない人には、特別にファイヤーウオールが入ってるそうです)でも最近は、表現などが自由な国でもお互いのいろいろ見られませんネ♪ NHKみられるテレビでも、スポーツのダイジェストニュースは、見られないので、しばらくいつも待っています。

でもとっても素敵なお話ですネ♪切ないシーンが辛そうですが。。
にゃんこさんたちに癒されます(=^^= ポチ♪

No title

私も見れませんでした~
野生のエルザはとても悲しくてとても感動した映画です。

Slacker, Ruffer, そして Princess Mieさんが写っている写真とても温かいものが伝わってきて見ていて幸せな気持ちになります☆

動物さんの映画で悲しい映画を見るとその後一ヶ月は悲しくて毎日泣いている私です。
世界中の動物さんたちがしあわせになってくれないと、
世界のどこかに気の毒な動物さんがいると思うと、
切なくて涙が止まらなくなります…

幸せそうなおたくのネコさんたちの写真を見れて私も幸せ☆ポチ凸

No title

残念ながら私も見られませんでした。
野生のエルザは映画を見ました。野生に返した
エルザが子供を見せに来たのは感動しましたね。
エルザのその後は知りませんでした。

ミーちゃん他の猫ちゃん達と一緒に幸せそう
でしたね。
芝生で気持ち良さそう!
皆ハーネスをつけているのですね。
ポチ

No title

野生のエルザの原題は、Born Freeっていうんですね。
映像の記憶はないんですが、題名だけは覚えていました。
ビデオ、残念見られませんでした~~
ぽち☆

No title

「野生のエルザ」は有名だけど、私は動物ものは見れないのよ。悲しい最期だと特に。

マイラさんとこのライオンはみんな幸せね。素敵なお庭。
ぽち。

No title

うちの「ライオンさん」たちは何でもあさって食べるので、野性になっても生きてゆけるかも♪
トラバしますね。

No title

残念~見れなかった~

No title

bibiも見たかったなぁ。
We're sorry, but this video is not available in your region due to rights restrictions.
残念でした~。
でも、この話を何度かTVで見た記憶があるなぁ。

人間は銃を発明して幸せになったのかなぁ。

No title

見れないようですね。
野生のエルザ、懐かしいです。

No title

マイラさんお早う御座います

繋がっても観れませんでした
野生のエルザは本でも読み、映画も観ましたよ~
素晴らしい人間と動物愛の実話ですよね~~~
マイラさん宅のエルザちゃん達も愛情たっぷりですね

No title

ほーそんなお話があったんだね。野生の動物との共存・・・

SlackerちゃんがElsaに見えた(笑)
あ、私も見れなかったわ~

No title

この本が出た時、私は学生で、動物にとても興味があった時期でもあったので、楽しく読みました。映画も良かったですネ。

No title

皆さんと同じでした。
ポチッ!!

No title

★皆様へ:

以前は日本からでも見られたそうですが、最近はだめになったのね。残念だわ。私も日本のものを勧められても「あなたは日本国外にいるのでみられません」というようなメッセージがあらわれるし。

私たちはElsa(エルサ)と呼んでいるけれど、日本では「エルザ」と名前が少しかわるのがきょうみぶかかったです。

Elsaは幸せに暮らせたとおもいます。野生のライオンたちは寿命が数年。動物園では25年くらい生きられるそうです。彼らにとってはどちらが幸せなのかしら?

最初の映画はElsaが子供たちをみせにきたところで終わりますが、その次のものはそれから何年もたって実際のこのご夫婦がどのように暮らされたかをドキュメンタリーでしめしてくれているの。チャンスがあったらみてみてね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター