記事一覧

M&S(仲良くお昼寝)

猫州は30日の夜ですが雪がいっぱい降っています。除雪車が走り回っていますが明日の朝はドライブウエイやサイドウォークなどの雪かきが必要です。皆様の所はいかがですか~。私は探したい写真があったので古いファイルを見ていたのですがそれは見つからずその代りいくつか面白い写真を見つけました。メフィストとスラッカーが仲良くお昼寝中~。仲良しのふたり、とても気持ちがよさそうです。オレンジ猫のスラッカーはラッファーと...

続きを読む

Cave 5

また洞窟探検のお話の続きです。5回目となるとそろそろ飽きた方もいられるかもしれませんがもう1回つきあってもいいよ~と言う方はこの奥へ行ってみましょう!冷たい水の中を泳いで行きたい方はこちらから~笑。また美しいStalactiteとStalagmiteが見られます。私はひとりごとのようにStalactiteとStalagmiteがぶつかったらどうなるのだろうと書きました。Cave 4の記事に戴いたコメントで勉強になる物がありました。Stalactiteは日...

続きを読む

Mr.& Mrs. Mallard

猫州は今は1月28日の夜です。夕方に黒猫の双子の兄弟と一緒に窓からバックヤードを眺めていたらマラードさんご夫妻が遊びに来ていました。(暗くて写真が撮れなかったので下の写真は去年の春の初めの物です。  芝生がまだ緑色になっていませんね。)今は冬なのでバックヤードは雪に覆われて真っ白です。でも野ウサギ、リスを始め小鳥たちは毎日来るのでいつもごはんは置いているのでマラードさんたちはそれを食べに来ていました...

続きを読む

N&T

寒いので暖房の温度設定を少し上げました。ファーネスがいっぱい働いてくれてラジエーターが熱くなりました。黒猫の双子の兄弟はラジエーターの上でとても気持ちがよさそうです。今回はTの方が広く場所を占めているようです。Tの方が寒がりでNはあまり寒がらないのでこれで喧嘩にはなりません。ラジエーターの幅がもっと広いとよいのですが狭いのでTの足がはみ出していますね~。私が床に座って背中をラジエーターに押し付けてみた...

続きを読む

N&T

今朝起きたら一面の白銀の世界でした。とても美しくてとても静かでしばらくみとれました。勿論暫くしたら市から除雪車が来たり近所中で除雪機を使い始めてとても賑やかになりましたが。双子の動画を記事に載せようとしていたのですが今日は色々とあって時間がなくなってしまったのでふたりが仲良くお昼寝している写真だけです。向かって左がN, 右がTです。ふたりは抱き合ったりどちらか片方を枕にしたりといつも面白い寝方をしま...

続きを読む

A Cave 4

また洞窟のお話の続きです。今迄は主に洞窟の壁の様な部分の岩を見たり天井に隠れている化石を見つけてその説明を聞いたりしていました。案内する人が天井を指して化石の話をするので「ああ、あれですね。」と言ったらそれは岩の模様とか影で違うと言われて皆に笑われました~。そしてもっと奥へ歩いていくと天井からStalactiteがたくさん垂れ下がっている場所に来ました。美しくて感動しました。天井から垂れているものはStalacti...

続きを読む

T

今回は洞窟探検のお話は1回お休みで黒猫の双子の兄弟の弟Tの登場です。私自身のフィジカルセラピーがあったりしてちょっと疲れてしまいました。双子は12月半ばに健康診断、ワクチン、オプションで血液検査、尿検査などを詳しく受けましたがふたりとも両方の検査とも少し問題がありました。Tは血液検査は再検査です。怖がりでナーヴァスな子なのに可哀想。約ひと月後と言われましたが予約がなかなかとれなくて月末の予定です。T「に...

続きを読む

A Cave 3

また洞窟のお話の続きです。この時は2019年10月でしたが10月と言えばハロウィン。私は知らなかったのですがハロウィン用のバッグとか入れ物を持って行ったらキャンディーなどの代わりに小さな石をくれるということをしていたそうです。持って行かなくて残念!壁がざらざらしていて面白い。昔はこういう所が海底だったのかと思って見ていると楽しい。ベン・ハーの母と妹やモンテクリスト伯が閉じ込められた洞窟はどのような物だった...

続きを読む

T

下の写真は何に見えますか?1.フクロウ2.最近出番がないから怒ろうとしたけれど今回は洞窟の写真が  ないから怒ろうか怒らなくてもいいか考えているT。3.その他。T「ぼくはただひなたぼっこしているだけなのに~。」<世界中の猫さんたちが幸せになれます様に>...

続きを読む

A Cave 2

洞窟のお話の続きです。やっとツァーの順番が来て呼ばれたらまず最初は短い映画を見せられました。その後その部屋のドアを開けると洞窟へ降りていく階段がありました。階段を降りながら見えた景色。これはやはりひとりで勝手に見て回るのは怖いです。ツァーでよかった~。点々と明るいのは蛍のような物がいるのか夜光虫みたいな物がいるのかと思ったら実はキャンドルの明かりでした。全部が暗いわけではなくて人に見せたい物がある...

続きを読む

プロフィール

マイラ

Author:マイラ
魔法の国、金星に住む猫たちのお話です。

月別アーカイブ

FC2カウンター